電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

ボロボロの虫歯・歯根破折の無痛治療

ボロボロの虫歯治療

虫歯で被せ物が外れた前歯

差し歯が外れ、抜歯後にインプラントや入れ歯が必要とすすめられた症例。虫歯が歯茎より下に進んでいる場合は、患者様の希望があれば、抜歯をせずに自費診療で積極的に歯を残していきます。

折れた前歯の修復

差し歯を回復させた写真。もとの歯根を全て利用して、セラミッククラウンを被せています。

虫歯が進行して奥歯が折れた状態

虫歯で悲惨な奥歯。歯の根元から割れて、歯ぐきで根が埋もれている写真です。この症例では、患者様が「抜かずに歯を残したい」と希望されました。

小臼歯と大臼歯を、銀歯で連結固定した写真

抜歯をせず虫歯治療できました。上記矢印で示すように、銀歯2本を連結して奥歯を治療しました。

画像のタイトル

上記は、ボロボロになった虫歯。抜かずに治療した動画の症例

当院では、ご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。
初期段階の治療から根っこの治療まですべての過程において
「痛みの少ない治療」「なるべく削らない、歯を抜かないで残す治療」
を基本に丁寧で安心な治療をモットーに診療しております。

「歯ぐきに埋もれたボロボロの歯」「根まで割れた歯」「腫れが続く歯」の症状を認める場合は、抜歯が標準治療と考えます。しかし、当院では歯を残す治療方法が多くあります。

初診の患者さまの診療では、最初の訴えに対する悩みを最初に解決するようにしております。

歯が痛い、入れ歯が合わない、詰め物が取れた、入れ歯の修理、差し歯の修理、歯が欠けた、歯茎からの血を認める等、
患者さまが一番気にされている部分を応急処置も含めて解決してから次の段階の治療に入ります。

患者さまには今のお口の状態についてだけではなくて、そのまま放っておくとどうなるのか、
というところまでご説明をしております。

患者さまの意思を大切にしておりますので、こちらから無理な誘導をするようなこともございません。
ご納得いただける治療を選んでいただきたいと思います。

また、心臓病など他の病気をお持ちの患者で、他院では治療が出来ないと言われた方であっても、
地域の病院との病診連携を進め、全身病態の把握に努めながら、
虫歯や歯周病の治療を行っています。

歯が割れた、歯根破折の自費治療(抜かずに歯を少しでも残したい)

歯冠破折

上記写真は上顎大臼歯に歯冠破折を認めます。当院に来院された時は、歯がグラグラしており、全く咬めない状態でした。

原因は、硬いもの、肉などの弾力があるものを噛み切った時に認める場合があります。主な症状は、噛むと激痛、しみる、歯がグラグラするなどです。数ヶ月も放置していると、割れた箇所から歯の神経の部位へ感染します。悪化した場合には、歯根周囲の骨に感染していくため、徐々に骨が溶けて(骨吸収)いきます。

歯髄(歯の神経)内へ至る歯冠歯根破折

上記写真は、マイクロスコープで確認した状態です。歯折線が内部(歯髄)まで認めます。新鮮な状態であれば、整復しやすいためお口の中から補修出来る場合いが多いです。

CT、マイクロスコープで割れた範囲をチェック

完全歯冠歯根破折

上記CT写真は、破折してから数ヶ月経った状態です。歯の根が、完全に真っ二つに割れています。歯根を修復するためには、口腔外での治療が必要になります。

症例1 接着修復

歯冠歯根破折

上記写真は上顎大臼歯(上顎第一大臼歯)の歯冠歯根破折の症例です。標準治療としては抜歯後に、インプラント、ブリッジ、入れ歯などで歯を回復させます。しかし患者さまは、「抜歯を勧められたけれども、自分の歯を残したい」との思いで当院に来院されました。

意図的再植術

破折範囲(矢印)が根まで分離している場合は、局所麻酔下に歯根を慎重に取り出し、お口の外で直接修復します。根管治療、歯根端切除、接着修復・グラスファイバーによる土台の修復を行います。

再植

処置後に歯(矢印)をもとの位置に戻し固定処置を行っています。2ヶ月後ぐらいに、型取りを行いジルコニクラウンなどで回復させていきます。

当院では、患者様からの要望があれば歯冠歯根破折(自費診療になります)を認める場合でも、可能な限り積極的にマイクロスコープ下に破折箇所の接着修復を行います。根管治療後に歯根を補強するためにグラスファイバーを用いた土台を構築して行きます。口腔内からの修復が不可能な場合には、外科的な処置(歯根端切除、歯根切除、意図的再植術)も行なっています。

症例2 接着修復

矢印は左下奥歯の破折部を示します。割れてから数ヶ月、歯ぐきに埋もれてきた状態です

根元まで歯が割れているため、口の外での処置が必要です。上記写真の矢印は歯を一時的に外しています。歯根が分離してい無い破折であったならば、口の中で治療が出来る場合もあります。

上記は歯を取り出した状態です。歯は完全に割れています。しかし、適切な補修を行うことで、歯根の再建治療が可能となりました。マイクロスコープ下の修復治療では、破折部の修復、歯根内にある神経の治療、ファイバーコアーによる土台処置などを素早く行います。

歯の補修およびファイバーコアーによる補修を終えて、元の場所に戻します。写真の矢印は、歯を戻す時の状態です。2-3か月の固定後に、型取りを行い、被せ物をつくり、咬合回復を目指します。

残根の虫歯治療(インプラントのために抜歯するのはイヤ!)

虫歯を放置し崩壊した口腔内

上記は抜歯適応の残根写真です。当院では自費診療で、インプラントを回避するための歯の保存治療も積極的に行っています。

左下臼歯部2本が折れ、抜歯宣告された虫歯治療(自費)

根元から奥歯が折れた残根写真

上記写真は、歯の根元から折れて、被せ物が脱落した状態。虫歯が歯茎より下に及ぶため抜歯を勧められ、治療相談に来院されました。

上記は、折れたは歯に被せるジルコニアクラウンです。残った歯根を残すため、マイクロスコープ下に治療します。健康な歯質を出来るだけ多く残して、虫歯を取り除きます。根が折れにくくなる、グラスファイバーによる支台築造を行い歯根を補強します。その後、歯の型取りをします。

ジルコニアクラウンで回復させた左下臼歯

上記は折れた2本の左下臼歯部にジルコニアクラウンを装着した状態。

通常は抜歯が最良と考えます。その後、インプラント、ブリッジ、入れ歯などで歯を回復させるのが標準治療です。しかし、条件によっては歯を残せる可能性も多くあります。

自費診療になりますが、「抜歯に納得できない」、「少しでも長く歯を残したい」と強い思いがあれば、たかはし歯科医院では抜かない治療を積極的に行っています。

痛みのない治療のために(無痛治療)

みなさんが歯医者に対するイメージとして、「痛い」「恐い」そのようにお考えではありませんか?
当院では、できるだけ痛みの少ない治療を心がけております。

具体的には麻酔をすればその後の痛みはありません。
しかし、その麻酔の注射をするのに痛みが伴います。

そこで当院では、麻酔の注射時の痛みも感じさせないよう、様々な取り組みを行っています。

表面麻酔

画像のタイトル

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。
しかし注射針を用いる以上、打つ際にどうしても「チクッ!」とした痛みが発生します。

それを緩和させるために、打つ前にゲル状の麻酔液をまんべんなく患部に塗布しています。

極細の注射針

画像のタイトル

針が太いと感じられると痛みも強まる可能性が出てきます。

そこで当院では、現在の日本で流通している中では最も細い針を使用しています。

麻酔剤の加温

麻酔剤が冷えていると、注射の際に痛みが強く感じられてしまいます。

そこで当院では、体温とほぼ同じ温度に麻酔剤を温める道具を取り入れ、
1年を通じて適温で麻酔剤を投与できるようにしています(冬場でも心配ありません)。

電動麻酔注射

画像のタイトル

人の手で注射を行うと、どうしても手元が狂ったり急激に麻酔液が入ってしまったりと、何かとリスクがあります。

しかし当院の注射は手動ではなく電動です。
精密な機械を用いていますから、いつでもゆっくりと正確に投与することが可能となります。

歯根のう胞・瘻孔の根管治療はマイクロスコープを用いた精密治療

電動式歯科用NiTi ファイル

歯科治療の中で根っこの治療となる根管治療は、細かい作業を必要とします。

特に歯の根は複雑な形状をしているため、肉眼だけでは限界があります。
そこで当院では、マイクロスコープを用いています。

画像のタイトル

マイクロスコープを使用することによって、より精密な治療を行うことができるようになり、削る量も最小限に抑えることができるようになりました。

精密さを求められる歯科治療ではマイクロスコープの必要性は非常に高くなります。
ライカ®のマイクロスコープを使うことによって、目視では不可能なレベルの治療が可能となります。

必要最小限にむし歯の除去が可能となり、ご自身の歯をよりたくさん残すことが可能になります。
また修復物の精度を細かく確認することができ、装着後のやり直しの原因となる、かぶせと歯の隙間が限りなく小さくなるのでより長持ちします。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-725-1182へ

診療時間
9:00-13:00
14:00-17:00
/
/
/
/
/
※ 月曜日から金曜日(最終受付16:00)
※ ▲・・・土曜日は9:00~15:00(最終受付13:00)
※ 休診日:日曜・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
たかはし歯科医院の外観
フッターオファー
© たかはし歯科医院